スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプチャ方法変更

2008年02月03日

既存動画含めてこれまでカハマルカの瞳で録画していたのだけど、商人プレイの浪人編も終わってキリがよかったので、キャプチャ方法変更。

らきすた☆立志伝15話が画質上がっていたので、うp主さんのブログ行ったら Display2AVI に変えたとのこと。Display2AVI は名前知っていたけど、シェアだし試用版だと立志伝動画では致命的な位置に文字が入る(メッセージウィンドウの上に文字が入る)ので試したことがなかった。

他の立志伝動画でも Display2AVI が使われているかもしれないけど、らきすた☆立志伝という使用例も目にしたのでものは試しということでキャプチャしてみたんだけど、C2D E6750 で 30fps 余裕でいけた。おお、これはいい、ということで EDIUS(編集ソフト)にキャプチャファイルをいざつっこんでみたんだけど Rush コーデックではデコードが遅くてイライラ。じゃあ未圧縮で、と未圧縮にすれば 30fps でキャプチャしたら2分で 5GB 超とかになるのでシャレにならん。

EDIUS との相性のいいコーデック使ってキャプチャ使えばいいんじゃまいか、ということで対応入出力フォーマット確認していたら DivX があったので DivX でキャプチャしてみたらうまくいった。Rush の高圧縮ほどにはファイルサイズ小さくできなかったけど、25分キャプチャしても約 500MB と素晴らしい数値。EDIUS につっこんでもデコードにつまることはなし。ということで 30fps でキャプチャ環境完成。

「立志伝プレイ動画で 30fps は不要じゃね?」、とのご意見ありそうだけど、EDIUS って出力時の fps に制限があって、出力時に対応 fps と合わせたかった次第(23.98, 29.97, 59.94 くらいしか指定できない)。例えばソースファイルが 10fps で出力を 29.97fps に指定すると、fps が合わないので、不足フレームをソフトの方で補間する動きをする。立志伝で言うとキャラクタの会話で人物入れ替わる時に、実際のゲームではパッパッと切り替わるところが、合間に補間フレームが挟まり2人が混ざっているようなフレームができるという感じ(うむ、我ながら分かりにくい説明だ)。要は補間フレームのおかげで動きにキレがない、残像が映る、ということで気に食わなかったんだけど、カハマルカで 30fps とかはうちの環境だと無理なので半ば諦めていたところに Display2AVI で解決となりそう(残像が残る箇所もあるけど致し方なし)。FLV までは試してないけど EDIUS で出力するところまでテストして、以前よりはキレのある状態になったことを確認してベクターで Display2AVI を購入(久々にシェアウエア買ったなぁ)。

ということで商人奉公編近日うp予定。

スポンサーサイト

コメント

管理者だけに表示する
HOME

カテゴリー

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。