40回目HOME39回目

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40回目HOME39回目

H.264 エンコの練習

2008年03月04日

ニコニコ上での仕様も不明なんだから、今からあれこれやっても無駄になるかもしれない。そう思いながらも30秒ほどの未圧縮AVIを用意して MP4(H.264/AAC) にざっと挑戦してみましたよ、という記録。

自分のこれまでの動画作成工程を余り変えたくないので、中間ファイル作成までは今までのままで、最終的に吐き出すところだけを変更して MP4 作ることにしてみた。リサイズやフィルタの適応はこれまで通りで、FLV 化していたところだけを MP4 に変更ということ。

結論としては、akJ Betas に D&D するのが手っ取り早くて綺麗。これまでは VirtualDub で音声なしの動画(VP62 2pass)を出力、音声ファイルは別途 MP3 を用意、flvenc(ffmpeg) で結合して FLV 化していたのだけど、VirtualDub で lunatilia 氏作の x264vfw encoder Unofficial build で 2pass エンコしても、aac と結合させることがうまく行かず。MP4Box やら mp4UI でエラー出た。エラーメッセージでググっても、知識不足もあって解決策分からず。ちなみに、C2D なので Thread を「2」にしたら 2pass エンコ時に「1pass 目とフレーム数が違うからダメ」とエラー出て、Thread 「1」でないとエンコできなかった、ということがあった。

次に zoome wiki のエンコード方法のページにしたがって AviUtl で挑戦。2pass エンコできて、一気に MP4 までできた。必須のアプリを揃えるのが手間な以外は簡単。ただ、x264gui,auo 上の音声のビットレート指定項目が少ない(サンプリングレートが指定できない)のが大丈夫かな? と思った。ニコニコの仕様が不明ということもあり、仕様に合わなかったら困るね、ということ。

最後に akJ Betas。JAVA アプリなんで、未だに JAVA は起動が重いからいや、なんて思っているので敬遠していたのだけど、重くなかった。起動に若干時間かかったけどね。いろいろ変換できるアプリで ffmpeg も使えるということで ffmpeg を追加して MP4 を作ってみた。2pass にも対応しているし設定も分かりやすく、設定決めたら 中間ファイルを D&D するだけでよかったので実に楽チン。MP4 しか作ってないけど、他にもいろいろできるみたい。

x264gui.auo と akJ Betas で出来上がった MP4 ファイルを Media Player Classic, VLC, QuickTime で並べて見比べてみたのだけど、akJ Betas で作成した MP4 を VLC で見たのが一番綺麗だった。貧相な安物ワイド液晶とはいえ、違いは分かった。プレイヤーでも見映えが左右されるってことは、ニコニコのプレイヤーではどんな感じで再生されるのか気になってしまうねぇ。

ともあれ、これからは vfw じゃなくて cli らしいっすよ。よく分かんないけどね。Linux 使いでもあるのでコマンドラインには慣れているんだけど、ffmpeg の引数とか見るだけでげんなり。覚える気力が沸きません。フロントエンド最高!


[追記]

短時間でざっと試したことなので、この記事を真に受けてはいけない。

スポンサーサイト
40回目HOME39回目
コメント

管理者だけに表示する
HOME

カテゴリー

Twitter on FC2

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。